さいきょうのしゅほうをかんがえたよ

特別に三つご紹介する。最強なのに三つもあるのだ。

【手法1】縦軸無視モデル

・利食い(12分) 損切り(10分)
・エントリーは逆張り系をテキトーに
(ボリバン2σにタッチとかRSI70:30とか)

プラス方面でタイムカウント。マイ転でリセット→カウント。逆も同じ。
損小利大的に利益が出ている時間を長く保有すること。

基本的にpips数でエグジットするものだとされてるけど、それはただの縦軸の話なのでただの横軸があってもいいはず。

しかし「意識される値」というのはおそらく存在するので、縦軸よりは若干分が悪いように思える。けれど、真っ向から否定するのはトレンドラインの原理も否定する事にもなるので注意が必要だ。

ドル円では、大きい指標の前日などから期待で買われたりすると、各市場時間オープンのタイミングや、数十分前、数分前などには売られる傾向が多少あるとされる。と考えてる人も少なくない。
それに狙いを定め、逆算して入ると効率も少しは良くなるかもしれない。
いきなり動く事もあるので、ストップは-25pipsとか勝手に決めたらいいと思う。

文中で「意識される値」と比べると分が悪いと言ってしまったので最強ではないと否定した形になった。

【手法2】逆神さまFOF(Fund of Funds)

ファンドオブファンズとは端的に言うと
「ストラテジを組むファンド、をさらに組むファンド」というもの。

図にするとこんな感じ。

逆神さまとは名前の通りで、市場に動きがあると必ずマイナスポジションを持っている人のこと。百発百中であるから一種の神さまと崇められる。

この現象の正体は初心者にありがちなコツコツドカンだ。保有したポジションがプラス方面だとチキン利食いしてしまうのに対し、マイナスだといつまでも握ってしまう事から、保有時間的にいつ見てもマイナスのポジションを持っていると思われる。

よく挙がる話題に、どんなエントリーをしても負けるので逆のポジションを取ったらどうかという意見が定期的に出てくる。これは上か下か目線が悪い事を問題にしている事が多いが、決してそれだけではなく、出口戦略の方にも同じく原因がある場合が多い。よって、逆を取るとは、エントリーの売買に加え、エグジットまでの保有時間の長さまでコピーしなければならない。

留意点として、バルサラの破産確率に基づき、ポジションサイズは彼らが用いる比率よりもかなり抑える必要がある。

以上の事から、彼らを逆トレースするシステムを組み、更にそのシステムを複数持つ事で安定した利益を期待できる。逆神さまというファンドを複数管理し、安定性を確保する。これが手法。

具体例
彼らは、YJFXのファイナンススタジアムなどポジションを公開している所で捕まえる。それをそのまま逆トレースしてもいい。また、ミラートレードの技術を使えば複数の逆神さまを扱うことは不可能ではない。詳しくは存じないが、同じくYJFXのトレードコレクターが近いものだと思う。

彼らは将来的に退場する可能性が高いので、常に新しい神さまを探し回らなければならない。あと利回りが全く計算できない。

損切りが続くと彼らはロットを上げがちだが、普段の100倍で張り出すとかロットの変動率が大きいとどこを基準に計算していいか分からない。場合によってはこっちがハイレバでやられる可能性もある。

やってみないと分からない部分が多い。何か穴があれば指摘していただきたい。

【手法3】糖質管理

外的要素を市場に持ち込むのではなく(ファンダメンタルズなどがそうだ)、市場から外へ、この場合日常生活へ用いるもの。今回は糖質管理を例に挙げた。

・ATR ○以下で糖分を摂る
・それ以外での食生活では糖分を控える

私たちの身体は、糖質を摂ると血糖値が上がり、それを下げるため(分解?)に体内でインシュリンというものが分泌される。その下げが眠気を生むとか何とか。

私たち投資家は無駄なエントリーを我慢するのが仕事と言っても過言ではなく、せっかくのチャンスに眠いなんて言っていられない。そのために、ボラがない時に糖質を摂り眠気を受け入れる。ボラがある時はトレードに集中するためになるべく摂らない。そのボラ具合をATRで見るということ。

相場はトレンドが3割、レンジが7割と言われる。一日三食とすると、一食ほど糖質をカットする計算になる。ちょうどダイエットにも良い。

特に専業だと日頃動かない事が多いので、これは体調管理を兼ねながらチャンスに少しでも多く立ち会う事を目的としている。なかなか甘く見てはいけない手法だ。糖質だけに。

でもこれって手法かな?

【おまけ】3Pフィルタ

プロスペクト理論、血圧(プレッシャー)、脈拍(パルス)のP。
自前の手法を用意し、更に血圧・脈拍ともに正常であればエントリー。プロスペクト理論的に、血圧・脈拍ともに跳ねたら損切り。

*プロスペクト理論とは、悪い緊張で身体を蝕まないように思考放棄するもの。この場合、マイナスのポジションをほったらかしにしてしまう事など。

ここで利食いの場合は無視。利食いポイントで正常なら半分は引っ張る。勝算があるから正常と反応している訳だから。

*利食いの場合も同じく、マイ転してしまうかもという緊張から解放されるためにすぐにでも投げたくなる。これもプロスペクト理論に関係する。*

基本的に血圧↑脈拍↑で身体は緊張状態と見なす。血圧だけ低いと心機能に異常が考えられる。逆に脈拍だけ遅いと脳圧亢進状態となっている可能性があるらしい。毎日が人間ドックみたいで良いね。長時間の使用による腕の壊死には気をつけたい。

以上。
ちなみに私はいずれも採用していない。使ってみて上手くいけばお金欲しい。