チャート片手に丁度イイ暇潰し

個人的な事。

ここ数日は取引を控えてた。
ニュースだけ軽めに追いながらチャートは横目に。面白い大喜利サイトを見つけてしまいこれに夢中。

大喜利プラス

三分サイクルのリアルタイムでできる大喜利サイト。夜に活発に動くので覗いてみては。
ココと同じ”なーぽやーん”のネームを使ってるけど、私を見つけてもサイト上でコンタクトは取らないで欲しい。

笑いはアート。
雰囲気が全てなので他の参加者様に「勢力」と見られるのは非常にサムイのだ。大変申し訳ない。

サイトで遊びながらもチャートは見ずにいられないので横にはドル円の5m足を常に表示してた。
チャートの見方を覚えたての頃から5m足がどこか苦手。ただ、同じ時間軸のトレーダーが一番見ているであろうレベルが5m足、15m足だと思うので早めに克服しなきゃいけない。
単純にリズムが合わないし、生理的に受け付けない感があるので無理やり合わせようとして今の感覚を失わないようにだけは気をつけたい。

スキャルというのもあって、メインは1m足だけど初期表示は15m足を選んでる。

共感を得られるか分からないけど、
ある足を見てると、そのチャートの上位下位チャートの形が何となく頭に浮かんでくるという経験はあるかな?

私の場合、
15m足だといつも見ている1m、5m、60m。
小さい足のイメージはもちろん凝視してないと分からない訳で、例えば60m足の流し見で5m足がイメージできるかというと無理だ。
たぶん私はチャートよりも数字の方が強いので、プライスボードの方が1m足より1m足感が感じられる事がたまにある。それは今までプライスボードを注意して見てきたからだろう。

誰しも、今まで沢山引いてきたラインならチャートを見ただけで瞬時に分かる(引ける)と思う。スキルは各々違った形で創られていくものかもしれない。

一切共感できなければ、それは今から身につくものだと思うので楽しみにしていて欲しい。
*各市場時間の節目(切替り)の薄さなどを見るために5s足や10s足もオススメする。秒足だ。PCならmt4、スマホならOANDAのデモアプリで見る事ができる。
 
 

今年はほんとにエントリーが少ない。そして収益も少ない。でも学ぶ事は例年通り沢山ある。

今は為替で精一杯だけど、正直なところ他の収入も得たいと思ってる。株を覚えれば節税になりそうなNISAがある。
口座開設のアフィリエイトも気になるけど、リンクを貼るだけで開設してくれる様なお人好しは居ないので時間ドロボーになる可能性がある。
*単価が高いDMMやGMOは使い方によっては元々優等生なので宣伝しやすくてグッドだと睨んでる。
 
 
ただ一つ、流動性の低い投資は将来的にもあまり考えたくない。

祖父が投資家で、本人に直接聞いた訳じゃないけど、おそらく時期的にバブルの高値である土地を掴んだ。祖父は切らずに意地になってなんとか利用しようと、そこにアパートだかマンションだかを建てた。
40年ほどでやっとプラ転し、結果的に良かったもの、自然災害などマトモに遭ってたらと考えると私にはコイントスにしか見えない。
長期になるほど安定を得られる的なノリが私にはなかなか理解できないのだ。
 
 
何でもイイけど、じーちゃんは資産を少し分けて欲しい。長生きもして欲しいけど。
 
 

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA