ドル円 下げ余地 検索

USD/JPY

FOMCでは事実売りからか、溜まった買いが一気に吐き出された。終わり。

ドル円の動きについては目にタコができるほど見かけるのでもういいだろう。
下がる時は下がるし上がる時は上がるくらいの認識でいい。お祈りポジは切るだけでスッキリできる。スッキリを買ったと思うしかない。捕まることは罪なのだ。

リスクオフ気味な円高に振れてもなお恐怖指数VIXは垂直に下げ、市場は「利上げ四回は間違ってる」と答えを出した。
四回を強く示唆していたら上にかっ飛んだだろうけど、そもそも三回と四回の間に何かフラットな基準がある訳でもなく、方向性は3回も10回も変わらないという事を忘れないようにしたい。

つまり今回は利上げの回数当てゲームが目的となり、イエレン議長の発言からそれを瞬時に織り込み、後に受ける経済的影響、3回程度ならどうなのか、4回ならどれくらいなのか、という所まで染み渡るまでには至らなかったと見る方がいいのかもしれない。
そういう(市場)動きに合わせていくのも中央銀行の仕事だ。今後も理事達によるコナンズヒント的な発言で徐々に織り込ませていくのだろうから、一つ一つテクニカルとともに丁寧に砕いていきたい。

ほぼ同時間、オランダ議会選も順当に進みユーロの買戻しが強く見られた。対して、イギリスはスコットランド独立の話が再び沸き起こりポンドは乱高下を続けている。EUから離脱するイギリスから離脱したいという何ともややこしい。

イギリス中央からすると、昨今、EUからの風当たりが強く、だけどみんなで頑張ろうって時にチャチャを入れられかなりストレスになっている。疲れ切ったメイ首相の血迷い発言に注意。
ちなみにイギリスの一部であるアイルランドの6州(北アイルランド)も残留派で、首相「こんなこと(離脱)なら」という具合で内部分裂の爆弾は点在している。その不安の一部がユーロの支えになっているのかもしれない。

とりあえず目先の大きなエントリーは週足20MA 113.5付近で耐えられるかどうかに掛かっていると思う。金曜日の乱高下で週末を台無しにしないように気をつけたい。

ちゃんと連打してる?

ドル円 下げ余地 検索” への2件のフィードバック

  1. こんにちは、初めてコメントします。

    そのほとんどが商材屋ばかりのFX系ブログの中で、数少ないまともなブログとして先日より閲覧させてもらっています。

    色々な気付きも多く、参考になる記事をありがとうございます。
    これからも記事のアップを楽しみにしています。

  2. それはありがとうございます!

    私も商材でお小遣いが稼げるならやりたいですけどね。でもそれは確実に稼げないと嘘になってしまうし、現状は情勢で仕掛けは毎日違うのでその日の手法はその日しか使えないものと考えています (ㆀ˘・з・˘)
    ここで商材が売られ始めたら稼げなくなったんだと同情してください!笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA